Japanese Outline

2020年3月12日 新型コロナウイルス感染症に関連する対応について(クリックすると、内容が表示されます)

 

1. 第三回SUGAI奨学基金プログラム 夏季英語・リーダーシップ研修について

 

SUGAI奨学基金プログラム夏季英語・リーダーシップ研修は、東日本大震災、熊本地震等で被災した18歳以上の学生を対象にした短期集中プログラムです。

本プログラムは、米国ワシントンDCのジョージ・ワシントン大学 夏季特別コースで学び、コミュニケーション力・プレゼンテーション力・リーダーシップを向上させることを目的としています。

各国留学生との国際交流や英語研修、ワシントンDCで活躍する各分野エキスパートによる講義を通して視野を広げ、グローバルなものの見方・考え方を学ぶことができます。

 

※このプログラムは短期集中講座であるため、授業・講義・フィールドトリップを始め、宿題やプレゼンテーションの準備など非常に厳しいスケジュールです。そのため、プログラム参加には強い意志と体力が求められます。  

 

I. 研修期間

2020年7月15日(水)~ 8月1日(土) (移動日を含む17日間)(予定)

II. 研修校

米国ワシントンDC ジョージ・ワシントン大学(www.gwu.edu

III. 研修内容

  • 英語研修: ジョージ・ワシントン大学 English for Academic Purposes(EAP)プログラム特別コース

英語での効果的なコミュニケーション方法とプレゼンテーション方法を学習

各国留学生との国際交流 

  • リーダーシップ研修: 各分野エキスパートによるレクチャー

ジョージ・ワシントン大学 国際政治学 マイク・モチヅキ教授、社会学 石澤宏美教授、日本語言語学 浜野祥子教授、

その他 世界銀行、国立衛生研究所(NIH)等からのエキスパート

  • フィールドトリップ:

スミソニアン博物館・アメリカ議会議事堂・議会図書館・
米国海軍士官学校・
在アメリカ合衆国日本国大使館 等

 

IV. 宿泊

ジョージ・ワシントン大学 マウントバーノンキャンパス寮https://mountvernon.gwu.edu/residence-halls

 

 

2. 奨学金支給内容

 

授業料、滞在費(GWU寮費を含む)、航空往復運賃 (羽田/熊本 ー ワシントンDC ダレス空港) 、海外旅行損害保険料 等

 

※パスポートおよびESTA申請費は自己負担となります。ESTAに関しては、Frequently Asked Questionsの欄に詳しい情報が載っていますのでそちらをご参照ください。

 

 

3. 募集要項

 

I. 応募資格

(1) 東北地方出身または東北地方在住の18歳以上の学生(大学生、大学院生) で、2011年3月11日の東日本大震災の遺児もしくは被災者であること

(2) 九州地方出身または九州地方在住の18歳以上の学生(大学生、大学院生)で、2016年4月16日の熊本地震の遺児もしくは被災者であること

※(1)か(2)のいずれかに該当する、又は、国内で起きた自然災害により被災し、罹災証明書等の政府発行証明書を提出できる学生。

II. 募集人数

8名

III. 応募方法

(1) オンライン申込書に必要事項を記入

(2) 作文、奨学金給付出願者推薦書を提出

IV. 募集期間

2020年1月15日(水)〜 3月1日(日)

V. 選考方法

第一次選考 作文(800~1200字程度)と在学校からの推薦状

第二次選考 Web面接(日本語・英語)

※合格した方には、事前オンライン英語研修を受けていただきます。

VI. おおよその選考日程

2020年1月15日  募集開始
3月1日  募集終了

3月下旬  選考結果通知

6月初旬  日本でのオリエンテーション

7月15日  羽田/熊本空港より出発 同日ワシントンDC着

8月1日  ワシントンDC出発 翌日羽田/熊本空港帰着

 

 

4. 応募方法

1.  オンライン申込書をクリックして開き、必要事項を記入してください。

2. 奨学金給付出願者推薦書をクリックしてダウンロードし、在学校の推薦者が記入後(日本語)、オンライン申込書にファイルをアップロードしてください(質問の最後にアップロード用のリンクがあります)

3. 800~1200字の作文(選考課題については5.選考課題を参照してください)を書き(日本語)、オンライン申込書にファイルをアップロードしてください。

※ オンライン申込書にアップロードする以外の方法(郵送、Eメール、ファックス)で推薦書、作文の提出を希望する場合はランゲージセンターまでご連絡ください。

 

  • 郵送の場合

Attention: SUGAI Scholarship Program

 

The Language Center

George Washington University

Phillips Hall

801 22nd Street NW Suite 412

Washington, DC 20052

 

  • Eメールで送付する場合

ランゲージセンター Eメールアドレス:

[email protected]

 

  • ファックスで送付する場合

ランゲージセンター ファックス番号

米国 国番号 (+1) 202-994-8199

 

電話でのお問い合わせ

ランゲージセンター 電話番号(日本語対応)

米国 国番号 (+1) 202-994-0365

受付時間:米国東部標準時 9:00 am - 5:00 pm

 

※日本との時差:13〜14時間(日本の方が進んでいます)

(3月7日までは14時間、8日以降はサマータイム開始のため、13時間の時差になります。2020年のサマータイム期間は、3月8日〜11月1日)。

 

時差に関する詳しい説明は、こちらをご参照ください。

 

 

5. 選考課題

 

以下の題より一つ選択し、800~1200字程度の作文を書き(日本語)、オンライン申込書にファイルをアップロードしてください。


(1) あなたが今まで読んだ書物のうち、最も心に残る作品について概要を説明し、あなたにとってその作品の持つ意味を述べてください。


(2) 現在自分が取り組んでいる専門分野を生かして、将来(国際)社会にどう貢献していきたいか、自分の過去の経験や成果を踏まえてできるだけ具体的に書いてください。


(3) 日本の危機管理状況について:今年は東京オリンピックが開催されます。あなたは東京オリンピック競技場施設のセキュリティ管理全責任者に任命されました。オリンピックを安全に成功させるためにあなたはどのような対策を提案しますか?優先順位をつけて3つ例を挙げ、その理由を説明してください。

 

6. 研修地ワシントンDCについて

 

ワシントンDCは東海岸中部に位置するアメリカ合衆国の首都です。大統領官邸、連邦議会、連邦最高裁判所をはじめとする各種行政機関、176の大使館、世界銀行や国際通貨基金があり、国内及び世界の政治・司法・経済の中心地です。

また、美術館や博物館、国の記念建造物も多く、文化的にも重要な役割を果たしています。観光のため、仕事のため、海外から訪れる人も非常に多く、街に出ると国際都市ワシントンDCを体感することができるはずです。

日本とのつながりも深く、1912年に東京から桜を寄贈されたことを記念して始まったワシントン桜祭りは全米一の規模を誇る祭りで、桜祭りの時期は観光客で市内は賑やかになります。

ワシントンDCは北緯38度に位置しており、気候は仙台市、山形市と似ています。日本との時差は13~14時間です。

 

 

7. 研修校ジョージ・ワシントン大学について

 

ジョージ・ワシントン大学は、1821年創立の四年制私立大学です。学生数(大学生・大学院生)26,000名以上、留学生3,800名以上の大規模校です。アメリカの首都ワシントンDCの中心部、ホワイトハウスから徒歩10分のところに位置していることもあり、政治学、法律学、国際関係学で特に有名です。

SUGAI奨学基金プログラムは、留学生が英語を学ぶ Everyday English プログラムのサポートも行っています。

 

 

8. 講師紹介

  • 国際政治学 マイク・モチヅキ  ジョージ・ワシントン大学教授
  • 社会学 石澤宏美  ジョージ・ワシントン大学教授
  • 日本語言語学 浜野祥子  ジョージ・ワシントン大学教授
  • 英語教育学 ナタリア・ドルゴヴァ  ジョージ・ワシントン大学EAP教授
  • 英語講師 カラ・フルトン ジョージ・ワシントン大学EAP教授
  • DC 在住の各分野エキスパート
    • National Institutes of Health(アメリカ国立衛生研究所)
    • World Bank(世界銀行)
    • U.S. Naval Academy(米国海軍士官学校) 等

 

 

SUGAI奨学基金プログラム

プログラム事務局長 Ikuko Turner

プログラムマネージャー Wakana Cavanaugh

プログラムコーディネーター Miho Moon, Hyeho Moon

※質問等は、[email protected]までお問い合わせください。

COVID-19 Information (Updated: March 12, 2020)

2020年3月12日 
新型コロナウイルス感染症に関する対応について
(クリックすると拡大表示されます)

COVID-19

2020 Sugai Program

Sugai

2019 Sugai Program Presentation Highlights

2018 Sugai Program Presentation Highlights